一般財団法人大阪府みどり公社 大阪府地球温暖化防止活動推進センター

お問い合わせ

   

シンポジウム「COP21報告会~COP21の成果と課題~」

 平成27年12月にパリで国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が開催されました。COP21で は、2020年以降の温室効果ガス排出量削減について、すべての国が参加する新たな国際枠組みが合意されました。 シンポジウムでは、現地の会議に参加された方を講師にお迎えして、分かりやすく会議の結果をお伝えしました。 当日は98名の方にご参加いただき、大変好評でした。
※当日のチラシ

日  時 2016年1月23日(土)13時30分~16時30分
場  所 マイドームおおさか 第3会議室
参加人数 98名
主  催 大阪府地球温暖化防止活動連絡調整会議
温暖化防止ネットワーク関西
大阪府地球温暖化防止活動推進センター
地球環境市民会議
内  容

【講演】
報告① 「COP21で何が決まったのか」
 講師 : 高村 ゆかりさん (名古屋大学大学院環境学研究科 教授)
 講演資料(PDF形式)

報告② 「COP21でのNGOの主張と活動」
 講師 : 平田 仁子さん (CAN International 理事)
 講演資料(PDF形式)

【質疑・意見交換】

概  要  報告①では、高村ゆかりさんからCOP21までの温暖化交渉と国際枠組み、COP21での合意内容、パリ協定の意義と課題、そして今後の日本の環境エネルギー政策についてご説明いただきました。
報告②では、平田 仁子さんからNGOの立場からCOP21での主張と活動、COP21の評価、日本に求められることについてご説明いただきました。
 質疑応答では、パリ協定の実効性や、電力自由化や原油価格が与える影響、国民への地球温暖化防止行動を促すための効果的な方法等についての質問がありました。
当日の様子